【実録】30代妻子持ちがFP無料相談使ってみた

【実録】30代子持ちがFP無料相談を使ってみた子供の為のお金の知識≪増やす・守る≫

どうもパンダです。
今回は30代妻子持ちのパンダがFP無料相談使ってみた率直な意見と相談する時にやってはいけない事について説明していきます。実際にパンダは独身時代に保険に入っておらず、
まだ若いし保険はいらない派でした。しかし家庭を持って万が一自分に不幸があった際に残された家族が不幸にならない為に今回FPへ相談して保険の契約をしました。過去に保険屋に相談した経験もあるので、今回のFPへの相談との比較もしていきますので最後まで見て頂き、自分に合った保険選びの参考になれば幸いです。



FP無料相談を上手く活用する方法

FPってそもそも何?

FPとは正式名称は『ファイナンシャル・プランナー』と呼ばれており、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識を持って第三者の立ち位置で相談に乗ってくれる人の事です。
相談自体は無料のものもあれば、有料のものもありますが、無料相談を実施している会社も多く見かけると思います。
・FPが無料相談を受ける目的は?
ではそんな頼もしい存在であるFPが無料で相談に乗ってくれるなんて何か裏があるんじゃないの?と思う方もいらっしゃると思います。しかし使い方を間違えなければ頼もしい存在にも、カモにされる存在にもなるのがFPだと思った方が賢明です。
FPの人が無料相談をしているのは、保険契約をしてもらうと保険会社からの紹介マージンが入る為です。勿論保険商品によって紹介マージンは違うので、お客さんに合った保険を紹介すると言いながらも、紹介マージンが高い商品を勧めたいのが本音なことは忘れないでおきましょう。

保険屋かFPどちらがいいの?

では保険屋へ直接契約するかFPへ相談するかどちらがいいのかというと、結論はFPの方がお客さん側にはメリットがあると思います。勿論何を契約したいかが明確になっている方は保険会社へこの保険を契約したいです!と言えばいいのですが、保険商品は多いので何が良いかは私たち素人にはよくわからないと思います。
では何故パンダが保険屋ではなくFPを勧めるかというと、FPは様々な保険会社の商品を取り扱いをしているので、使い方を間違えなければ自分に合った最適な保険が最安の価格で契約する事が可能です。

FPに相談する上でやってはいけない事

じゃあFPへ無料相談をしようと思った方はちょっとだけ待ってください。何も考え無しに相談するとカモられてしまい割高な保険契約をしてしまうのがオチです。

事前にざっくりとした知識は武装して保険相談をしておくことが重要です。

押さえておくべき知識

  • 公的保証について:高額医療費制度、遺族年金、失業保険
  • 保険の種類:掛け捨て、貯蓄型、外貨建ては最低限押さえておく
  • 保険料の目安:月5,000円を超えると高いので注意が必要

上記について知らない事がある場合はネットで検索して概要を把握しておきましょう。ざっくり概要だけ説明しておくと、私たちは民間の保険会社で契約をしなくても公的保証があります。例えばケガをして入院した場合には『高額医療費制度』を申請すれば、10万以上の負担がかかるケースはかなり少なくなります。(1か月の間に10万以上の医療費がかかった場合に超えた分は国が保証してくれるありがたい制度があることは押さえておきましょう)
次に保険の種類についてですが、全ての保険の種類を把握することは素人にはほぼ不可能です。ざっくり掛け捨て保険・貯蓄型保険・外貨建て保険があることを押さえておきましょう。

保険に入る目的を考える

そもそも保険は人によってどの保険が良いかは異なります。民間保険は公的保証でカバーできない分を追加で補償する為に契約するものです。そこは忘れないようにしましょう。
因みに、契約した大半の人が損をする保険が存在していることも事実です。
ではぼったくれない為にそれぞれの特徴を見ていきましょう。
キーワードは『保険は保険、投資は投資』です。

  • 外貨建て保険→保険と投資(5:5)
  • 貯蓄型保険→保険と投資(7:3)
  • 掛け捨て保険→保険(10)

上記はざっくり保険機能と投資機能の割合を記載しました。(あくまでパンダのイメージなので商品によっては比率とは異なります)
もうわかっている方もいるかもしれませんが、結論掛け捨て保険が大半の人に最適解となります。

パンダ
パンダ

掛け捨て保険って保険料が返ってくる保険と比べると損じゃない?

パンダ子
パンダ子

さっきまでの話聞いてたの?『保険は保険、投資は投資』よ

パンダ
パンダ

じゃあなんで貯蓄型保険や外貨建て保険はだめなの?

こう思われている人も多いと思いますが、保険は公的保証で賄えないケースに備える為のものです。なので、『貯蓄型保険や外貨建て保険』はもしもの時に備える保証がしょぼい傾向があります。
勿論『貯蓄型保険や外貨建て保険』で補償を手厚くすることも出来るのですが、その場合は毎月の保険料が高くなります。商品にもよるので一概には言えませんが、一般的には掛け捨てと同じ補償を外貨建て保険で受ける為には3~4倍以上の保険料が必要になります。一定期間が経過すると掛けた分が返ってくると説明受けると思いますが、それはあくまでも投資が上手くいった場合に限るです。ちなみにパンダが見せられてシミュレーションでは年利6%で増え続けたら10年後には解約してもその分が返ってきて10年以上契約すれば増えるのでお得ですよって説明を受けました。しかし株式投資をしている方であればイメージできると思いますが、毎年年利6%を出すのはかなり難しいです。そんな数値を想定していること自体がおかしいことを理解しましょう。

※上記は実際にパンダがもらったシミュレーションの抜粋です

パンダが契約したFPと保険を紹介

最後に参考までにパンダが今回契約した保険と無料相談をしたFPを記載しておきます。
これが皆さんに必ず合うというわけではないので、あくまでも『30代妻子持ちが契約した保険』として参考にして頂ければと思います。
・契約した保険:富士生命保険株式会社・FWD収入保障
・毎月の保険料:約2,000円を年間一括払い
・補償内容:パンダが死亡又は働けなくなる、余命宣告を受けると60歳まで毎月10万円の受け取りが可能。
・相談したFP:マネードクター


上記の保険を契約した理由は、子供が独立するまでの間にパンダの万が一に備えれるように選びました。
また掛け捨ての終身保険も検討したのですが、毎月の保険料が高くなる(高くても3,000円程でしたが)ので、
子供が独立するまでの間の生活を護る為の保険です。
保険の受給も毎月10万づつ支払が受け取れるので、万が一が合っても公的保証と合わせればそれなりの安定した生活が出来るかと思っています。
それに奥さんも共働きなのでそこまで手厚い補償は必要ないと判断しました。

FPに関しては会社で選んだというよりは、営業担当者との相性で決めればよいと思います。
FPの方は知識豊富な方が多いので、こちらから質問したいことや断るべきことは断れば、自分に最適で最安の保険を契約する事も可能です。もしFPの方と相性が合わないなと感じたら、他のFPへ相談してみるのもありだと思います。

以上長くなりましたが、FPへ相談から契約までの実録でした。
もしこれを読んで保険相談してみようって方は下記にリンク張っておくので良ければどうぞ。
この記事が皆さんの保険契約の参考になれば幸いです。

【保険のトータルプロフェッショナル】FPの無料保険相談

FPに無料相談してみる



コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました